2016年1月7日

新年あけましておめでとうございます。
本年も大平眼鏡店をどうぞよろしくお願い致します。

この度、当店では新ブランドの取り扱いを開始いたします。

FACTORY900〈ファクトリーキュウヒャク〉は
2000年に青山眼鏡が立ち上げた工場ブランドです。
ブランド名は工場番号の「900」に由来します。
‘‘THE FUTURE EYEWEAR’’「未来のメガネをつくる」ことをコンセプトとしており、つまり過去にあるメガネはつくらないと言う意味も込めています。

最大の特徴は門外不出と言われる油圧プレス加工機による世界で唯一のアセテート立体加工技術。これによってデザイナー青山氏の今までにない大胆にして繊細なデザインを具現化しています。
その斬新なデザインはフィギュアやプラモデルを彷彿とさせる要素さえ含んでおり、海外では「クールジャパンのメガネ」とも評されています。2013年には眼鏡業界のアカデミー賞と言われるフランス・パリのsilmo d’or〈シルモドール〉サングラス部門グランプリを受賞し、2014年にはフレーム部門にノミネートされました。2015年には審査員特別賞を受賞しました。

当店で取り扱いを開始するのは下記のふたつのコレクションラインです。



「factory 900」<ファクトリーキュウヒャク>(通称:小文字シリーズ)のコンセプトは
アセテートの可能性を追求する。
厚さ2~3mmという極薄のアセテートシートを折り紙のように自由自在に折り曲げることで
「薄くてもボリューム感がある」という、これまでにないスタイルを表現した
シートプラスチック・アイウェアのコレクションです。


「RETRO FUTURE BY 900」〈レトロフューチャーバイキュウヒャク〉のコンセプトは
半世紀タイムスリップして未来のメガネを追求する。
アイディアの枯渇やマーケティングから導き出した答えではない、
‘‘いま’’の時代の空気感をまとった‘‘これからのクラシックスタイル’’を提案します。

RETRO FUTURE BY 900 VS factory 900 DEBUT FAIRは
2016年1月9日(土)~1月24日(日)までの開催となります。
初日の9日と10日はデザイナー青山氏が来場します!!
直接デザイナーとトークができる機会は、実は眼鏡店で働いていてもなかなか無いことなのです。



取り扱い開始を記念して大平眼鏡店とのWネームモデルも数量限定で展示致します!!

普通のメガネじゃ物足りない・・・とお思いの皆様、未来のメガネはきっと日常を特別なものに変えます・・・

Related Tags 関連記事はタグタイトルをクリックしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA

X