2014年11月12日

シンプルかつ良質なデティールで不変的な機能性とスタイルを追求するZpartsTITAN<ジーパーツチタン>から、最近注目されている一山スタイルが2モデル入荷いたしました。
一山は掛け心地、見た目の雰囲気ともに一味違います。

Z-110は伝統的なクラウンパントスタイル(上がクラウン=王冠、下がパント=ボストン)で、とてもクラシックな印象です。

Z-111は懐かしくも新鮮な印象の六角形=ヘキサゴンスタイルです。

いずれもブリッジをレンズセンターより下に配することで、日本人の骨格に合わせた装着バランスを実現しました。
プレス加工や丁番削り出しの一コ智・スパルタ加工を施すことにより、一体感のあるデザインと強度の確保を両立しています。

Related Tags 関連記事はタグタイトルをクリックしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA

X