2014年9月8日

米カリフォルニアに拠点を置くOLIVER PEOPLES。
そのカリフォルニアのアイコン的存在である、華麗できらびやかな色彩を特徴とするルースト城からインスパイアされたサングラスが発表されました。

OLIVER PEOPLESの創設者でクリエイティブディレクターのラリー・レイトとハースト城保護財団(ハースト城の25,000個に及ぶ工芸品の保護と修復を趣旨とする団体)副理事のアマンダ・R・ハーストが密にやり取りをしながら作り上げたこのサングラスは、ハースト城の色彩を取り入れたユニークなカラーコンビネーションによりカジュアルでありながらグラマラスな印象です。

アマンダはOLIVER PEOPLESの目指す上質で豊かなライフスタイルと品位を体現する人物であり、今回のコラボレーションに当たり改めてハースト城内を見渡して装飾に施された鮮やかなブルー、煌めくゴールド、アイボリーやシルバーの柔らかな色合いに魅了されたそうです。

チャーターはダブルブリッジ、アセテート製ウィンザーリム、チタンアビエーターのサングラスで男女問わずお使いいただけます。
とても美しいサングラスです。
ROMAN、NEPTUNE、SUNSET、PIKOの全4色入荷致しました。

Related Tags 関連記事はタグタイトルをクリックしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA

X