2016年3月9日

DITA<ディータ>は普遍的なモノづくりを行う高級時計メーカーのように、
機械化が進んだ現在においても美しさや優美さ、そして職人技を重んじています。
東洋と西洋の美的感覚、華やかなハリウッドの黄金時代や産業革命によるインダストリアルな美しさに至るまで、それら多様なものから影響を受けたそのデザインは、
最先端でありながらエレガント。

今回はフレームが3型入荷致しました。

2064はかっちりとした印象のスクエアサーモントスタイルです。

マットデミのアセテートとガンメタルの組み合わせが渋みを演出します。
サイズは大きめの55で、目尻にある横並びのカシメ装飾がポイントです。

2078はメタルのボストンスタイルです。


サイズは女性にも男性にもおすすめの48です。
リムはマットブラックで
ブリッジとテンプルがゴールドのBLK-GLD、
ブリッジとテンプルがシルバーのBLK-SLV
の2色をご用意致しました。


2080はたっぷりとした天地幅と長めのブリッジが印象的なサーモントスタイルです。

マットブラックにシルバーを合わせたBLK-SLV、
ツヤのあるネイビーとアンティークゴールドを合わせたNVY-GLD
の2色をご用意致しました。

いずれもブリッジ、ヨロイ、テンプル、ノーズパッドに至るまで
鯖江の眼鏡職人の優れた技術が生み出す繊細な意匠が凝らされており、
ずっと眺めていたくなるような逸品です。

Related Tags 関連記事はタグタイトルをクリックしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA

X