2015年8月19日

2012年に世界中のファンから惜しまれつつ一旦生産を終了したX-METALシリーズ。
従来の枠を超えた冶金技術を採用した、
次世代X-METAL <エックスメタル>として今年復活いたしました。
本日はまず、
BADMAN <バッドマン>006035-03 X Ti ChromeIridium
のご紹介です。

造形的なフレームラインと、重厚感をもつスクエアレンズスタイルは、着用時の個性をより際立たせるシャープなシルエットを演出します。
革新的なデザインとテクノロジーに徹底的にこだわる、OAKLEYというブランドを体現している1本です。

大きめのノーズパッドを採用し、ステム形状を改良したAsianFit仕様。
軽量且つ弾性に優れた鋳造加工のアルミニウムと、耐久性に優れたOmatter製のノーズブリッジ及びステムが快適でしなやかなフィット感を実現。
さらにアルミニウム・スプリング・ヒンジシステム(ばね丁番)でフェイスラインに無理なくフィット。

レンズは裸眼に近い高解像度と最小限の歪みを実現するHDOレンズテクノロジーを搭載し、米国工業規格ANSI Z80.3の高速・高圧衝撃及び光学テストを大幅にクリア!

続いては、OAKLEY独自の超軽量C-5合金を使用し独創的なデザインとなっている
TAILEND<テイルエンド>004088-03 Carbon PrizmDailyPolarized
のご紹介です。

ステムが細く、ねじれたデザイン。

レンズはBADMANと同じくHDOレンズテクノロジーを搭載。
カラーは日常使いにおすすめの偏光度99%のPrizmDailyPolarizedです。

なめらかなだけではない、一癖あるラウンドシェイプ。
レーザーエッジングによって施されたフェイクレンズリムラインは見れば見るほど引き込まれる絶妙な仕上がりです。

店頭在庫は各1本のみです。

Related Tags 関連記事はタグタイトルをクリックしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA

X