2015年6月23日

DITA<ディータ>は、1995年に精巧かつ革新的なデザインを目指し、ロサンゼルスにて設立されました。

常識に囚われないアイウェアを求める大切なユーザーのために独自のアーティスティックなメッセージを生み出すことに注力しており、DITAのアイウェアは単なるパーツの集合体ではなく、生き方そのものなのです。
そのポリシーは世界で大きな影響力を持つセレブやスタイリスト、トレンドセッターの多くを虜にしてきました。

そしてこのアイウェアの製作は世界でもっとも古く定評のある日本の眼鏡工場で行われています。

DITA 〈ディータ〉のフレームが一本仕上がるまでには320の工程と8か月の時間を要します。その道50年を超える日本の眼鏡職人達がパーツのひとつひとつを丁寧に作り上げ、組み立てることで
DITAの精巧かつ革新的なデザインを形にしていきます。

日本の眼鏡職人の技術を抜きには語れないDITAのサングラス70本を取り揃えた
DITA トランクショーは6/20(土)~7/19(日)までの開催です。

Related Tags 関連記事はタグタイトルをクリックしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA

X