色の見分けで困った経験のある方は、日本人では、男性の20人に1人(約5%)、女性の500人に1人(約0.2%)といわれております。

もし、信号機の黄色と赤色の判別がより早く見分けられたら…
もし、パソコンやタブレットのグラフ、資料などの色が簡単に見分けられたら…

その他、
・自動車運転免許取得時や更新時の色彩識別能力検査で色の判別がしにくい
・LEDランプでON・OFFの緑と赤が分かりにくい
・黒板の赤やピンクなどの色文字が見えにくい・赤い電光掲示板の文字が見えにくい
・肉の焼けた部分と生の部分の区別がつきにくい
・記入用紙など色だけで指示されると分かりにくい
・カレンダーの日、祝日の赤い日が分かりにくい
・地図や路線図などの色分けが見にくい
・野菜や刺身などの鮮度が見分けにくい

など、色に関することでお困りの方へ<カラービュー>は色の識別を補助するレンズです。

カラービュー 数字

同じ画像でカラービューを使用した場合

カラービュー装着イメージ

数字はいくつに見えますか?

〔カラービュー使用場面例〕

・資料やパソコンのグラフの色分け、黒と赤のボールペンや蛍光ペンで書かれた線や文字が見やすくなるなど、仕事、学校で
・配線コードの見分け
・絵の具の色や洋服の色などの日常、趣味
・桜や紅葉などの自然の景色鑑賞などその他さまざまなシーンで

<特徴>

・光の性質による反射・干渉・吸収の原理を応用して、色のバランスを調整し混同・誤認しやすい色の識別を補助します。
・色覚専門医の指導のもと、製作した高品質で高精度な色識別補助用国産プラスチックレンズです。
・カラービューは特殊なコーティングを施し、そのコーティングにより光の透過をコントロールし、色の強弱を調整しております。
・コーティングには何種類もあり、色覚の多様性に対応しております。

色の見分けを補助するレンズ

(注意)

色覚異常を治療や矯正するものではなく、一般の人と同じ色、あるいは自然な色が見えるようになるレンズでもありません。
特定の色を見分けやすくすることを目的としているために、その他の色にも影響する場合もございます。

レンズ価格

¥82,500-税込 (2枚1組)
度無しのみになります。

※事前予約制です。カウンセリングやお試しになりたい方は事前に電話・メール予約の上、ご来店下さい。

X